Excel2010で「切り取ったセルの挿入」ができなくなった

諸事情により、2日前にやりたかったPCの初期化をした。

 

ゴミもなくなってすっきりした!
Windows7のスタートアップも以前より速くなった!(ような気もし)
気分爽快に、1日かけた作業から仕事に打ち込もうとした矢先、それは起きた。

 

Excel2010で、切り取ったセルの挿入ができなくなってしまったのだ。

 

これまでそんなトラブル経験がなかったので
(まぁ諸処の軽いofficeトラブルにはちょくちょく遭ったけれど)
今回はまったく予想できないことで本当に困った。

 

なんとか解決しようと、いろいろ検索してみると、
Skypeの”Skype Click to Call”という
ブラウザのアドオンが悪さをしているらしいとそこかしらで目にする。
腑に落ちないながらも、久しぶりにSkypeをインストールしたなぁと、
IEやらFirefoxのアドオンをチェックしてみた。

ところが、私のPCにはそんなアドオンは入っていない~

 

でも、いまのところ怪しいのはSkypeしかないなぁ。

ということで、アンインストールしてみた。
相変わらず、切り取ったセルの挿入はできないまま… orz
次に、Officeの再インストールをしてみる。

 

これもだめ。切り取ったセルの挿入はまだできない。
だんだん面倒くさくなってきて、頭の中でスカイプとExcelの
自分においての大事度比重を考えてみる。。。。。

 

ぜったい  Excel2010 > Skype   だよねぇ。。。

 

ということで、Excelを元の状態に戻すべく
検索しまわって探しあてたサイトに書かれていた方法を試したところ
切り取ったセルの挿入ができるようになりました(ばんざ~い!!!)

 

今回ためした方法:

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1.Officeをアンインストール

2..xlbファイルを削除する(残しておきたいならリネームする)
※) 私のPCには、xlbファイルは見あたらなかったので無視した。

3.レジストリエディタから

HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftOffice

の「Office」をぜんぶ削除する(残したいならリネームで)

4.Officeの再インストール

5. Windowsを再起動する

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

最後に、今日の学び:

 

新しいソフトをインストールするときは必ず「復元ポイント」を作成しておいてから!

 

腑に落ちなかったのは、たかだか1アプリのSkypeがなぜ
Windows(Office)に影響を与えるのかということ。
以前のSkypeはそんなことなかったのに・・・。

あとでインストールしようかとSkypeをダウンロードしにいったら
いつのまにかマイクロソフトの傘下になっていたもよう。
だからか…。ライブドアの頃しか知らずにいた(古い)

でも、再度の面倒は嫌なので当分インストールしないと思う(たぶん)

 

参考サイト

Excel2010で切り取りしても、データが元のセルに残る
突然、Excel シートにデータを貼り付けると、書式など反映されず、テキストのみでしか貼り付けが出来なくなった