ネットショップの写真の質を下げる5つのDON’Ts

ネットショップを運営していると写真の質はとても重要。
その写真の質をアップするためにやってはいけない5つのポイントは?

 

1)お客さんが、掲載してある写真からリアル感を感じ取れない写真はNG

写真はいろいろな大きさや角度、シチュエーションを想像させることができるように
用意すること。できるなら、衣料品については、着用モデルのサイズも記載すると
参考になるのでマル。

 

2)サイズのフィット感をごまかしてはならない

写真をよく見せるためにちょっと背中側をつまんでみたり、塗ってしまったらだめ。
確かにこの写真はものすご~くよくはないけど、リアル感は出している。
決してウソはダメ。

 

3)写真撮影で、カメラのフラッシュをたくべからず

商品を撮影するときには必ず自然光の下で撮る。
カメラのフラッシュをたくと、商品自体の色が正しく表現されない。
結果、実際に受け取ったお客さんはがっかりしてしまうかも。

 

4)色の選択肢をつけること。どの製品の写真も同じ角度から撮ること

色違いで同じ商品をアップするときには、必ずどの色でも同じ角度、
同じサイズになるようにアップすること。そうしないと、選択を迷わせてしまう。

 

5)同じようなサイズの製品は同じようなサイズの写真で揃える

同じようなサイズの似た商品をいくつか販売するときには、写真例のように、必ず同じくらいのサイズの商品を揃えてならべること。

 

 

出典参考:
PrestaShop Blogより
Improve Product Photos for your Online Store: The 5 Mistakes You Don’t Want to Commit

 

FileMakerでも小規模ネットショップができる!?

日頃から使いやすいデータベースがあればいいなぁと思っていたら、FileMakerを見つけた。
これは、データベースだけでなく、小規模ならネットショップまでできてしまうということで、ユーザーさんの声が載っていたので、参考としてメモしておく。

らむ亭

らむ亭さん

実際に必要なソフトはFileMakerだけでなく、WEBの公開用としてFileMaker Serverの2つが必要になるらしい。

ショッピングカートのASPに月3000円~8000円前後払い続けることを考えてみて、
長く続けるのなら、がんばってFileMakerで構築するのもいいかも。