ダミーテキスト生成ツール2つ

とりあえずまとまった文章が必要な時に便利な、
オンラインでダミーテキストを生成してくれるツール

 

「すぐ使えるダミーテキスト

 

[browser-shot width=”380″ url=”http://lipsum.sugutsukaeru.jp/”]

 

必要なラジオボックスを撰んで生成するだけで簡単にできあがる。

 

 

ダミーテキストジェネレーター

[browser-shot width=”380″ url=”http://webtools.dounokouno.com/dummytext/”]

 

使い方は簡単。
プルダウンメニューから使いたい文章を撰んで生成するだけ。

 

ダミー画像作成ツール

サイト作成途中で、できるだけ見た目が実際のサイトと近い感じで試したいとき
ダミーの画像を入れたい時がある。
でも、また試作段階なので時間はかけずにほしいサイズの画像を作りたい。

 

そんなときに便利なオンラインツールが、ダミー画像を簡単作成してくれる
PlaceIMG

 

PlaceIMG

 

1)100×100のアイコンを作るので「100」を入力。
2)写真のタイプ(アニマル、アーキテクチャーなど)から好きなタイプを選択
3)右下GENERATE THE IMAGEをクリック

 

 

PlaceIMG

 

4)100ピクセルのアイコンが生成される。
5)画像下の黄色い下向き矢印のアイコンをクリックして、任意の場所にダウンロードする。

 

74pixのアイコンだとこんな感じ↓
 

 

 

自分はtwitterでどのリストに入っているのか知る方法

twitterで自分がどのリストに登録されているのか調べるには、2つの方法がある。

 

まず一つめ。

  1. (1) twitterにログイン
  2. (2) 左側の項目から「リスト」を選択
  3. (3) アカウントの下に表示される
    「リスト 保存している / 追加されている」でどちらかを撰ぶ

 

①twitterにログイン

②リスト選択

自分がtwitterでどのリストに登録されているか

 

③リストの 保存している/追加されている のどちらかでチェック

自分がtwitterでどのリストに登録されているか

 

 

 

2つめの方法は以下の通り。

 

ブラウザに下記のようにURLを入れる。

 

https://twitter.com/#!/自分のアカウント/lists/memberships

 

参考サイト:

Twitterで誰のリストに入っているかを知りたかったら

 

 

追記:こちらも参考に。
Twitterで闇雲にリスト作成するアカウントが話題

圧縮CSSを綺麗に整形するなら「StyleNeat」

CSSに関する便利なツールのお話。

 

CSSを圧縮してしまい、編集するときに困る場合、
元の綺麗なCSSに書き直してくれるサイトが 「StyleNeat

 

1)整形したいCSSファイルをコピペするかアップロードする

StyleNeat

 

2)「OrganizeCSS」アイコンをクリックする

StyleNeat

きれいに書き直された!

あとはコピペして編集、アップロード。

 

CSSについての書き方は参考にするならここ

ちょこっと忘れた時にも便利。

↓↓↓

CSSのちょっと高度な書き方

CSSの高度な書き方