WordPressで「下書きをプレビューする権限はありません。」

とつぜんWordPressに

 

「下書きをプレビューする権限はありません。」

 

といわれました。

・・・・・・ ? ーー; なぜ

 

どうしたことかと調べ回ると2つの可能性を発見。

 

(1)表示するURLを変更したので訂正したら直ったひと

(2)認証用ユニークキーを新しいものに変えたら直ったひと

 

(1)は問題ないので(2)の認証用ユニークキーを新しくした。

 

あっさり直る。

 

ときどきドキドキさせてくれるWordPressです。

 

参考までにwp-config.phpの中でも記載されていますが、
認証用ユニークキー発行用URLはここです

 

参考サイト:
WordPressサポート「下書きをプレビューする権限はありません。」

◇◆◇

 

WordPressの初期設定6つ

WordPressを始める前の初期設定を自分用にメモ。

最低限やっていること。
次の6つは必ずやること。

 

  1. 投稿者として表示される用のユーザ名作成
  2. パーマリンク設定
  3. テーマのインストールと各種設定
  4. プラグインのインストールと設定
  5. 日付表示の変更・設定
  6. ヘッダー画像作成と設定

最低限入れたいWordPressプラグイン+アルファ

WordPressをインストールしたら、はじめに最低限入れておきたいプラグインや便利なプラグイン。

必ず入れたいプラグイン

主にセキュリティのために

●テーマチェック
1)Theme Authenticity Checker (TAC)
2)Theme-Check

 

●プラグインチェック
1)Plugin-check

revision control(リビジョン回数をコントロール)
wp-config.phpに直接記載することにした

Category Order and Taxonomy Terms Order(カテゴリーの並びをカスタマイズできる)

silent publish
(pingするほどではない記事を書く時や修正時用に)

cbnet Ping Optimizer
(WordPressが勝手にping送信しないようにコントローしてくれる)
 
最低限、下記のpingだけあれば充分。 
http://ping.myblog.jp
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.blo.gs/
http://rpc.weblogs.com/RPC2

子テーマ、固定ぺージ作成

1)Child Themify
2)One-Click Child Theme

あるとなにかと便利なプラグイン

1)Yet Another Related Posts Plugin(関連記事を挿入してくれるならどれでも)

2)Adsense 関連のプラグイン(使いやすそうで安全そうならどれでも可)

3)Browser shots(参考にしたいWEBサイトのスクリーンショットを挿入してくれる)

4)Custom Upload Dir(メディアのアップロード先を変更)

5)Relocate Upload(メディアのアップロード先を変更)

WordPressのインストール

WordPressを任意のドメインフォルダーに設置したら、
次はインストール。

データベースはあらかじめ作成しておき、
データベース名データベースのパスワードは予め控えておく。

 

●インストール用のURLは以下のとおり。

http://[ドメイン名]/[WordPressのフォルダ名]/wp-admin/install.php

 

●インストールが済んだらログインするURLは以下のとおり。

http://[ドメイン名]/[WordPressのフォルダ名]/wp-login.php

最近のレンタルサーバーは、WordPress、MovabelTypeは簡単インストールで設置できるような仕様がほとんどなので、本体はその機能でサーバーに設置する。
内場合は、SSHを使って設置すると早い。

(FTPでアップロードする事も可能。ただし、膨大な時間がかかる上に、途中で接続を何度も切られていろいろ大変でおすすめしない)
※WordPress自体のサーバー設置とWordPressのインストールは別作業となる。

 

 

 

再々WordPressはじめの一歩!でとりあえず・・・

WordPressのプラグインでWEBサイトをスクリーンショットして表示してくれる
Browser shot

 

ショートコードの書き方は↓

【browser-shot url=”http://[表示したいサイトのURL]” width=”☆★☆”】

※【】は[](半角)に変更する

するとこんな感じに表示してくれる↓

WordPress公式サイトのテーマ一覧
[browser-shot width=”300″ url=”https://wordpress.org/themes/”]

定期的にスクリーンショットも更新してくれるらしい。

また、このプラグインではスクリーンショットをクリックすると、
そのままあちらのサイトに飛んでいってしまうので、
新しいウィンドウで開くタグ(target=”_blank”)を、
PHPの54行あたりのところにに記載した。

参考にしたのは、WordPressのサポートページ。

●参考ページ
Browser shot

Browser Shots ~ open in a new window (9 posts)

「フリーランスWebデザイナーの仕事」画面キャプチャを表示するプラグイン Browser Shots

WordPressプラグインに救われる

やっと長い記事を書いて
あと少しってところで
別のページを閉じようとして
書いている最中のページ(=ブラウザのタブ)を
間違って閉じてしまった時のショックと悔しさは言葉で言い表せない

仕方ないので、
また書き直すかぁ~と投稿ページをひらくと
なんと、直前までの編集内容が残っていた。

戻したい記事のタイムスタンプを確認して

「復元」 をクリックしたら、ついさっきまで書いていた記事が戻ってきた。

 

すっかり忘れていたけれど、
そんなときのためのプラグインをインストールしてあったのだった。

 

プラグインの名前はこれ→
“WordPressプラグインに救われる” の続きを読む