WordPressで「下書きをプレビューする権限はありません。」

とつぜんWordPressに

 

「下書きをプレビューする権限はありません。」

 

といわれました。

・・・・・・ ? ーー; なぜ

 

どうしたことかと調べ回ると2つの可能性を発見。

 

(1)表示するURLを変更したので訂正したら直ったひと

(2)認証用ユニークキーを新しいものに変えたら直ったひと

 

(1)は問題ないので(2)の認証用ユニークキーを新しくした。

 

あっさり直る。

 

ときどきドキドキさせてくれるWordPressです。

 

参考までにwp-config.phpの中でも記載されていますが、
認証用ユニークキー発行用URLはここです

 

参考サイト:
WordPressサポート「下書きをプレビューする権限はありません。」

◇◆◇

 

Excel2010で「切り取ったセルの挿入」ができなくなった

諸事情により、2日前にやりたかったPCの初期化をした。

 

ゴミもなくなってすっきりした!
Windows7のスタートアップも以前より速くなった!(ような気もし)
気分爽快に、1日かけた作業から仕事に打ち込もうとした矢先、それは起きた。

 

Excel2010で、切り取ったセルの挿入ができなくなってしまったのだ。

 

これまでそんなトラブル経験がなかったので
(まぁ諸処の軽いofficeトラブルにはちょくちょく遭ったけれど)
今回はまったく予想できないことで本当に困った。

 

なんとか解決しようと、いろいろ検索してみると、
Skypeの”Skype Click to Call”という
ブラウザのアドオンが悪さをしているらしいとそこかしらで目にする。
腑に落ちないながらも、久しぶりにSkypeをインストールしたなぁと、
IEやらFirefoxのアドオンをチェックしてみた。

ところが、私のPCにはそんなアドオンは入っていない~

 

でも、いまのところ怪しいのはSkypeしかないなぁ。

ということで、アンインストールしてみた。
相変わらず、切り取ったセルの挿入はできないまま… orz
次に、Officeの再インストールをしてみる。

 

これもだめ。切り取ったセルの挿入はまだできない。
だんだん面倒くさくなってきて、頭の中でスカイプとExcelの
自分においての大事度比重を考えてみる。。。。。

 

ぜったい  Excel2010 > Skype   だよねぇ。。。

 

ということで、Excelを元の状態に戻すべく
検索しまわって探しあてたサイトに書かれていた方法を試したところ
切り取ったセルの挿入ができるようになりました(ばんざ~い!!!)

 

今回ためした方法:

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1.Officeをアンインストール

2..xlbファイルを削除する(残しておきたいならリネームする)
※) 私のPCには、xlbファイルは見あたらなかったので無視した。

3.レジストリエディタから

HKEY_CURRENT_USERSoftwareMicrosoftOffice

の「Office」をぜんぶ削除する(残したいならリネームで)

4.Officeの再インストール

5. Windowsを再起動する

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

最後に、今日の学び:

 

新しいソフトをインストールするときは必ず「復元ポイント」を作成しておいてから!

 

腑に落ちなかったのは、たかだか1アプリのSkypeがなぜ
Windows(Office)に影響を与えるのかということ。
以前のSkypeはそんなことなかったのに・・・。

あとでインストールしようかとSkypeをダウンロードしにいったら
いつのまにかマイクロソフトの傘下になっていたもよう。
だからか…。ライブドアの頃しか知らずにいた(古い)

でも、再度の面倒は嫌なので当分インストールしないと思う(たぶん)

 

参考サイト

Excel2010で切り取りしても、データが元のセルに残る
突然、Excel シートにデータを貼り付けると、書式など反映されず、テキストのみでしか貼り付けが出来なくなった

ファイルを保存するとき「文字コード」って意外とバカにならない

久しぶりにWordPressをインストールして

久しぶりに .htaccess をアップロードしたら

 

 Internal Error !!!

━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!

 

なぜ~ ???

 

結果からいうと

保存したファイルの「文字コード」が違っていた。

 

ファイル保存時はまちがいなく

「UTF-8, BOM無し」で保存していた。

が、

よくよく見てみると、FTPソフトの設定が間違っていた。

(私はNextFTPを使っています。長いことお世話になってます)

 

本当は UTF-8N でアップロードしないといけないのに

アップロードする時に UTF-8(=BOMあり)でアップロードされていたのでした。

 

これに気づくのに40分は損してしまいました。。。。のでメモしておきます

 

これが正しい(↓)

XAMPPのApache起動に成功♪その原因と理由とは

昨年(2011年)5月にXAMPPのApache起動がネックで
Windows7でのXAMPPの使用に挫折してしまった。あれから一年。

原因はわかった・・・・ (たぶん)

XPモード上で使えるものの、Windows7上で
Virtual PCはモソモソとした動きなので、
できればWindows7で使えるのが理想。

だから、今度はHPのノートPCを買う予定で
OSは(win7)HomeにしようかProfessionalにしようか悩み、
でも、価格が安いHomeにした(笑)
そして、もう一度だけXAMPPに挑戦。

あれからXAMPPのバージョンもアップして1.7.7になっていた。

とりあえず、もう一度解決法を検索してみればあるある(笑)
XAMPPのApacheが起動できず、
・いまだ挫折中、とか
・何度目かの正直で解決済み、とか
・サックリ起動できた、とかいろいろ。

世界中に情報が散らばっている。

あとでわかったことですが~、
トラブルの原因は、今使っているDELLのInspironだった。
たぶん、DELLの仕様でXAMPPと何かが
競合しているんだと推測します。

というのも、
HPのノートPCではあっさり起動できて拍子抜けしましたので。
あの無駄にした時間を返して欲しいくらい(笑)

DELLのInspiron、Windows7では
Apacheの使用するポートが同じ「80」であるために
競合して起動できない感じ。
ですので、一応いつかの参考のためにメモっておきます。
●問題かもしれない点 その1:Skype。
これはスカイプ自体を別のポートに設定し直せば、
あっさり解決する(もよう。。。)
(Skypeは入れてないので実際不明)

●問題かもしれない点 その2: ポート「80」

XAMPP

apache

conf

httpd.confファイルの47行目あたり
Listen 80 の 80
8666にすればいいとか、
81 にすればいいとかいろいろといろいろと。

いろいろなポート番号に変更しては試すものの、
無情にも
「Apache  ・・・・   busy」の文字が流れてがっかり。

あれれ?

何度か試すうちに今回はおかしなことに気がつきました。

httpd.confファイルで
Listen 80 を
たとえば「Listen8666」と変更しても、

ポート80は使用されています

・・・ん? それはおかしいよね~

変更したにもかかわらず、
Apache「Port 80」 を使う、という指示がどこかで生きている。

あれこれ検索し続けてたどり着いたサイトで
どなたかが動画レクチャーをしていて、ふとひらめいて
ためしに、
Listen:80の上の行でコメントアウトされている

#Listen 0.0.0.0:80  を

Listen 0.0.0.0:8080 に変更。

問題の切り離しのため、
Listen:80の所をコメントアウト。(↓)xamppトラブルシュート01

XAMPPのコントロールパネルを立ち上げ、
Apacheを起動。

無事にApacheの箇所が「Running」と表示されました。

正常起動♪ d(^_^o)

これはAnytime upgradeを買う前に気づきたかったぁ。

☆参考サイト

XAMPP Apache Won’t Start – Change Port To Listen 85

Xampp Tutorial: Change port from 80 to 8080

XPモードを使う・・・から一転、トラブルで再インストール。原因と対策をメモ。

Window7をHomeからProfessionalにアップデート。アップデートは至極カンタンだった。

同じOSで、バージョンを変えるだけだからかと思う。

インストール方法は、パッケージに書いてあり、あっなく終了。

 

アップグレードが終わると、Virtual MachineとXP Modeをインストールした。

再び、Windows XPが使えるようになった。

XP上では競合も起こらず、xamppも快適。

 

と思って使っていたら、XPモードの思わぬ泥沼にはまった。

そこで、トラブルを回避できるほどの知識もなく、いちばん容易な解決方法に取りかかる。

つまり、XPモードの再インストール。

泣く泣くVirtual MachineとXP Modeをアンインストール、

再度インストールした。

トラブルの「原因」と、「インストール方法」を今後のためにメモしておく。

 

“XPモードを使う・・・から一転、トラブルで再インストール。原因と対策をメモ。” の続きを読む