ファイル名が長すぎて削除すらできない、の解決法

こちらの記事はWindows7,8どちらにも共通です。

 

最近作成したファイルのうち、ツールを使って変換したファイルが
ツールと元ファイルの文字コードが違っていたせいか
Windows8ででさえ処理できないほどのとんでもなく長いファイル名として生成されてしまいました。

 

フォルダーごと削除しようとしていたデータが
どうしても削除できないので、おかし~な~と思っていたら、
実はそのファイルが原因なのでした。

ま、だめならリネームしたらいいじゃん、と、リネームしようとするのですが、
何度ためしてもリネームできないので、削除できず困ったことになってしまいました。

別に放っておいてもいいのだけど、なんだか目障りで、やっぱり削除したい(笑)

 

そこで、グーグル先生に聞いてみると
2つほど候補になりそうな解決方法を発見。

 

1、そのページで提供されているツールを使う

Windowsの長いファイル名を変更・削除するソフト「FilenameFix

 

2、コマンドプロンプトでリネームしたあと、通常のように削除する

参考:ファイル名が長く削除出来ないファイルを削除する

 

とりあえず、提供されいてるツールを使うよりは
使い慣れたコマンドプロンプトを使ってみようと試みたところ、
いろいろ試行錯誤をしたももの、最終的にめでたく削除できた。

 

試行錯誤した点。

参考にさせていただいたサイト様のようにリネームがうまくいかず 四苦八苦。

最終、パスをできるだけ短くするために、Cドライブ直下にフォルダーを移動させて
コマンドプロンプトでリネームをかけて削除して完了。

 

「コマンドプロンプトでリネーム」とサクッといったけれど
実は、少しでもパス(path)が正しくないとたどり着けない。
ここで結構時間をくったので、できたらツールを使うのがベストかな。

 

コマンドプロンプトでお世話になったサイト:
ファイルの一覧表示(DIR) @AdminWeb
コマンドプロンプト Windowsの便利な使い方

スリープ後、ネットにつながらない&シャットダウンがハング

この記事の対象OSはWindows7です。

数日前にノートPCを「工場出荷状態に」リカバリした後から
スリープ機能を使うと困った事態に遭遇するようになった。

 

【現象】
ネットにつながらない
再起動しようとシャットダウンをクリックしてもハング。
電源ボタンで強制的に落とすしかない

リカバリ前にはまったく覚えのないトラブル。
(→その他Excelのトラブルにも見舞われてている。
はいまだ解決せず、解決したら別件にて!)

 

【解決法】
・電源オプションの設定しなおしたら解決した

 

【解決までにやったこと】

 

1)スリープ後にネットにつながらない。ネットワーク診断をかけるも解決しない。

sleep-func-trouble001

 

2)次に検索。電源オプションの設定をOFFにするという方法があり、設定したら解決。
※以前はこんな設定をした記憶がないけどやったのかな。。。?

手順は以下の通り。

 

スタート → コンピュータ 右クリック → プロパティ クリック

 

デバイスマネージャーをクリック

 

ネットワークアダプター → 電源プランの選択へ
自分の場合は無線LANはOFFにしているので、
LANアダプターを選択。
※これは個人ごとに設定が違う
 src=

 

電源プランの選択画面で「プラン設定の変更」リンクを開くと
下記のウィンドウが開く。
※ここもそれぞれのPCごとに違うので適宜撰ぶ。

バッテリ、電源とも 「いいえ」 を選んだら[OK]

 

参考サイト

 

PDFに書いたハイライト(蛍光ペン)を消す方法[Acrobat9]

ある日、PDF文書にいつものように
ささっと蛍光ペンを引き終わった後にふと思った。

蛍光ペンは引いた直後なら[Ctrl]+[Z]で元に戻せる。
けれど、後になって、やっぱり消したい時はどうするのだろう?

よく考えたら、その方法を知らない。

過去のバージョンはあれこれと解決方法、
それも結構面倒な方法があちこちに掲載されていたが、
今のバージョンはActobat9。

もっと簡単な解決法があるのではないかと探したら
とても簡単な方法だった。

 

 

“PDFに書いたハイライト(蛍光ペン)を消す方法[Acrobat9]” の続きを読む

500円で被災地支援 「ワンコイン絆ネットワーク」

一般社団法人 アジア経済文化振興会の
代表理事 岡本 学さんより、
ワンコイン絆ネットワーク」募金のおねがいのおしらせです。

 

この目的は、

「震災で当たり前の事が出来なくなった子供たちに
当たり前の思い出を作らせてあげたい」

 

もし心の琴線に触れたなら、少しだけお時間割いていただければと思い、
転載させていただきました。

メッセージはこちらです
↓↓↓↓

“500円で被災地支援 「ワンコイン絆ネットワーク」” の続きを読む

XAMPPのApache起動に成功♪その原因と理由とは

昨年(2011年)5月にXAMPPのApache起動がネックで
Windows7でのXAMPPの使用に挫折してしまった。あれから一年。

原因はわかった・・・・ (たぶん)

XPモード上で使えるものの、Windows7上で
Virtual PCはモソモソとした動きなので、
できればWindows7で使えるのが理想。

だから、今度はHPのノートPCを買う予定で
OSは(win7)HomeにしようかProfessionalにしようか悩み、
でも、価格が安いHomeにした(笑)
そして、もう一度だけXAMPPに挑戦。

あれからXAMPPのバージョンもアップして1.7.7になっていた。

とりあえず、もう一度解決法を検索してみればあるある(笑)
XAMPPのApacheが起動できず、
・いまだ挫折中、とか
・何度目かの正直で解決済み、とか
・サックリ起動できた、とかいろいろ。

世界中に情報が散らばっている。

あとでわかったことですが~、
トラブルの原因は、今使っているDELLのInspironだった。
たぶん、DELLの仕様でXAMPPと何かが
競合しているんだと推測します。

というのも、
HPのノートPCではあっさり起動できて拍子抜けしましたので。
あの無駄にした時間を返して欲しいくらい(笑)

DELLのInspiron、Windows7では
Apacheの使用するポートが同じ「80」であるために
競合して起動できない感じ。
ですので、一応いつかの参考のためにメモっておきます。
●問題かもしれない点 その1:Skype。
これはスカイプ自体を別のポートに設定し直せば、
あっさり解決する(もよう。。。)
(Skypeは入れてないので実際不明)

●問題かもしれない点 その2: ポート「80」

XAMPP

apache

conf

httpd.confファイルの47行目あたり
Listen 80 の 80
8666にすればいいとか、
81 にすればいいとかいろいろといろいろと。

いろいろなポート番号に変更しては試すものの、
無情にも
「Apache  ・・・・   busy」の文字が流れてがっかり。

あれれ?

何度か試すうちに今回はおかしなことに気がつきました。

httpd.confファイルで
Listen 80 を
たとえば「Listen8666」と変更しても、

ポート80は使用されています

・・・ん? それはおかしいよね~

変更したにもかかわらず、
Apache「Port 80」 を使う、という指示がどこかで生きている。

あれこれ検索し続けてたどり着いたサイトで
どなたかが動画レクチャーをしていて、ふとひらめいて
ためしに、
Listen:80の上の行でコメントアウトされている

#Listen 0.0.0.0:80  を

Listen 0.0.0.0:8080 に変更。

問題の切り離しのため、
Listen:80の所をコメントアウト。(↓)xamppトラブルシュート01

XAMPPのコントロールパネルを立ち上げ、
Apacheを起動。

無事にApacheの箇所が「Running」と表示されました。

正常起動♪ d(^_^o)

これはAnytime upgradeを買う前に気づきたかったぁ。

☆参考サイト

XAMPP Apache Won’t Start – Change Port To Listen 85

Xampp Tutorial: Change port from 80 to 8080

ディスプレイの外に出たウィンドウを戻す方法

パソコンを使っているとき、なにげない動作で
ウィンドウがディスプレイの外に出てしまって、
マウスでは、つかんで戻せなくなってしまったとき、
以下の方法で戻すことができたのでめも。
 
 
キーボードの矢印([←][→][↓][↑])キーを使う 
 

1.タスクバーに表示されているプログラムのアイコンをマウスでアクティブにする(=アイコンをクリック)
※[ALT]+[スペース]キー
 
 
2.[M]キーを押す(←移動モードにしたと言う意味)
 ※この動作をしている時は、文字は[半角]状態にしておく
 
 
3.矢印([←][→][↓][↑])キーを打つ。
※少しずつディスプレイの内側にウィンドウが戻ってきてマウスでつかめるまでやる